糖尿病

糖尿病とは

血液中に含まれるブドウ糖の濃度を数値化されたものが血糖値です。この血糖値が慢性的に基準を超えていると判定されると糖尿病と診断されます。

ブドウ糖は、細胞に取り込まれるなどして脳などのエネルギー源となるものです。
その際は膵臓で作られるホルモンの一種であるインスリンが分泌されるわけですが、何らかの原因によってこのインスリンが出にくい、あるいは効きが悪い(インスリン抵抗性)状態になると細胞に取り込まれないまま、血液中でダブつくようになります。これが慢性的に血糖値を上昇させてしまうメカニズムです。

血糖値を測定する方法としては、採血(血液検査)や採尿がありますが、診断基準については次の通りです。

糖尿病の診断基準

①早朝空腹時血糖値が126mg/dL以上、または75gOGTTの2時間値が200mg/dL以上、もしくは随時血糖値が200mg/dL以上
②HbA1c値が6.5%以上
※①と②共に該当すると糖尿病と診断。一方のみ該当の場合は、糖尿病型と判定し、再検査の対象となる。その後の再検査で、やはりどちらか一方のみ該当と判定されると、糖尿病と診断される。

1型糖尿病と2型糖尿病

血糖値が慢性的に上昇する、いわゆる糖尿病を発症する原因は大きく2つあります。
ひとつは、インスリンを分泌するβ細胞が主に自己免疫反応などによって破壊され、インスリンがほぼ分泌されない1型糖尿病です。もうひとつの原因は、日本人の全糖尿病患者様の9割以上を占めるとされる2型糖尿病です。この場合、不摂生な生活習慣(過食、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒 等)の蓄積によって膵臓が疲弊し、インスリンの分泌が不足する、あるいは量が十分でもインスリンの効きが悪い状態になっています。上記以外にも、内分泌疾患をはじめ、肝臓や膵臓などの病気の発症や薬剤の影響に伴って発症する二次性糖尿病、妊娠によるホルモンの影響で血糖値が上昇しやすくなる妊娠糖尿病(母体、胎児ともに合併症が起こりやすくなる)という場合もあります。

なお糖尿病も自覚症状が現れにくい病気なので、放置しやすいという特徴があります。それでもある程度まで進行すれば、喉の異常な渇き、多飲・多尿、全身の倦怠感、体重減少などの症状がみられます。それでも何も治療をしなければ、次第に血管障害を引き起こすようになります。なかでも細小血管が損傷を受けやすく、これらが集中している網膜、腎臓、末梢神経は、とくに合併症が発症しやすいことから糖尿病三大合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害)と呼ばれています。また太い血管であっても、動脈硬化を促進させることから、脳血管障害(脳梗塞 等)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)など重篤な合併症を発症するリスクも高くなります。

治療について

治療目的は、血糖値の慢性的な上昇を抑え、合併症発症の予防をすることです。なお、1型糖尿病と2型糖尿病では治療法が異なります。

1型糖尿病の場合は、インスリンがほぼ分泌されていないことから、体外よりインスリンを補充していくインスリン注射が行われます。これによって血糖のコントロールが可能となっていきます。

また2型糖尿病では、インスリンは少ないながらも分泌されているので、まず食事療法や運動療法といった生活習慣の見直しから始めていきます。食事療法では、規則正しい食生活、適正なエネルギー摂取量の厳守(食べ過ぎに注意する)、栄養バランスのとれた食事に努める(食品交換表の活用 等)などしていきます。このほか身体を動かすことはインスリンの働きを改善させる効果があるので、運動療法も取り入れていきます。
運動量についてはハードなものは必要なく、息が弾む程度の有酸素運動(1回30分程度の軽度なジョギング 等)で十分とされていますが、可能であれば毎日でも行うのが望ましいです。ちなみに運動を開始するにあたっては、一度医師にご相談ください。

また生活習慣の改善だけでは血糖コントロールが難しいとなれば、併せて薬物療法も行っていきます。この場合、経口血糖降下薬を使用します。その種類には、インスリンの分泌を促進させる薬、インスリンの抵抗性を改善させる薬などがありますが、患者様の病状に合うとされる薬物を服用していきます。なお経口血糖降下薬でも効果が乏しいと判断されると1型糖尿病の患者様と同様にインスリン注射による治療が行われます。

医院概要

医療法人 與心会
せき山王クリニック

TEL:03-6303-8161

〒143-0023
東京都大田区山王1-4-6 パーク山王 2F

診療時間(外来)

 
8:00~12:00 院長 黄医師 × 院長 院長 院長
15:00~18:30 院長 黄医師 × 関医師 院長 ×

休診日 水曜・日曜・祝日

※木曜日は診療時間18時までとなっております。
※火曜日終日、木曜日午後は、日本循環器学会認定 循環器専門医が担当いたします。
循環器内科(動悸・息切れなどの症状)・高血圧など生活習慣病の診断管理についてもご相談ください。
院長診察をご希望の方は受付または電話でその旨をお伝え下さい。
月・火・木・金 【13:00~15:00】の時間帯で予約診療・在宅診療・往診を行っております。