ブロック注射について

辛い痛みに早く効く! ブロック注射を試してみませんか? 頭痛・肩こり・腰痛(ぎっくり腰)などの痛みでお困りの方。すぐに痛みがとれます。お気軽にクリニックまでお問合せ下さい。

神経ブロック注射

神経ブロックとは、疼痛の伝導路を確実に遮断する方法です。
神経破壊薬にて長期に痛覚伝導路を遮断できますが、当クリニックにおいては局所麻酔薬を使用し、限られた時間しか作用効果が続かない方法を行っております。
しかし、薬剤の効果がなくなっても、それより長い除痛が得られます。
この為に、痛みによって起こっている痛みの悪循環が遮断され、日常生活の改善が得られます。
また、末梢血行障害にて起こる痛みに対しても除痛することによって、血行を改善することにて症状の改善が得られます。

  1. 星状神経節ブロック:第7頸椎の横にある星状神経節(交感神経節)に対して、局所麻酔剤によるブロックを行う方法です。
    このブロックの適応症例は以下の通りです。
    頭痛(片頭痛、筋収縮性頭痛など)、頸椎捻挫(むち打ち症)、顔面神経痛、末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺、外傷性顔面神経麻痺など)、三叉神経痛、帯状疱疹、視神経炎、緑内障、メニエール病、アレルギー性鼻炎、突発性難聴、耳鳴、咽喉頭異常感覚症、舌痛症、上肢血行障害(レイノー症候群、バージャー病など)、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、その他便秘や不眠症、冷え症など、全身の疾患の多岐にわたる適応症があります。
  2. 後頭神経ブロック
  3. 肩甲上神経ブロック
  4. 肩甲背神経ブロック
  5. 眼窩上神経ブロック
  6. 上顎神経ブロック
  7. 頤(おとがい)神経ブロック

トリガーポイントブロック

トリガーポイントとは、組織障害など明らかな原因がなく、痛みが続く慢性疼痛がみられる部位のことであり、この痛みはおおよそは筋・筋膜痛であるといわれています。
トリガーポイントブロックとは、この圧痛点に対して局所麻酔剤を注射する方法です。
頭痛、肩こり、腰痛症など多岐にわたる症状に適応があり、これらのことでお悩みの方の症状の改善にお役にたてる方法です。

当院においては、漢方薬やその他の内服治療以外に、これらのブロック注射による痛みの治療もおこなっており、外来にてご相談ください。

医院概要

せき山王クリニック

TEL:03-6303-8161

〒143-0023
東京都大田区山王1-4-6 パーク山王 2F
(ローソン2F)

診療時間(外来)

 
8:00~12:00 ×
15:00~19:00 × ×

月・火・木・金 13:00~15:00の時間帯で
予約診療・在宅診療・往診を行っております。

休診日 水曜・日曜・祝日

※第3木曜日および第4木曜日が診療時間18時まで
 となっております。
 ホームページにて確認ください。

地図を読み込んでいます...

大きな地図(Google Map)で見る